2005年09月04日
さすがに2日連続で海に行くと、けっこうダルいっていうか、割と疲労ダメージが大きい。
特にもう腕が激しく筋肉痛で、箸を持つにも腕がプルプル震えるくらい。
いやぁ よく頑張った!

さて、今日は都内某所でお祭デス。
御神輿を担がせてもらうんだ♪
もう明日は腕が上がらないかもー(笑)

このお祭でお神輿を担がせてもらうのは今年で3年目。
祭スタイルに着替えて祭半纏を着るとテンションあがるぅ〜〜〜♪
天気予報は雨だったけど、なんとかもってる。
去年も雨でずぶ濡れで寒かったし、ツラかったもんねえ。
祭が終わるまではなんとかもっててほしいな。

さて、いままで何度も思ったけど神輿はスポーツだと思う。
ひとつの神輿を担ぎあげるのは当然何人もの人が必要で、老若男女問わず(さすがに子供はムリだけど)入り混じって押し合いへし合いで担ぐ、練り歩く、これだけなのだけど、消費カロリーは相当なものだと思う。
掛け声を出すっていうのも、腹式呼吸なわけで、腹筋にも効くし、足もほとんどずっとつま先立ち歩き。コレ、けっこう効きますよ。
さらにたくさんの人が密着してるわけですがら、そりゃあ熱い、暑い、アツイ。
汗ダラダラってもんです。
とくに今年はまだ残暑がつづくなかでのコレですから。
休憩のたびにビールをガブ飲みしてもすぐに汗で出ちゃう。

そのアツさはお宮入りのときが一番ヒートアップ!
他の地区の神輿も一緒にお宮入りするものだから、負けるもんか!とどんどんアツくなる。
神輿の担ぎ手もここは奪い合い。
花棒じゃなくても奪い合いだから、身内同士でもアツイ。
これまたアドレナリン大放出。喉ガラガラ。腕プルプル。

その後また地区に戻ってからも夜まで祭礼は続く。
神輿が通れるギリギリの道幅の商店街も通り、一般客は写真を撮ったり、立ち止まってメイワクそうにみていたり、興味深げにギャラリーになって手をたたいて一緒に調子をとったり。

ああ、祭ってたのしいなあ。
出店とかもウキウキ感があるし、浴衣で歩くとかもいいのだけど、神輿に参加するのとしないのとでは、やっぱり参加したほうが楽しいと思う。
もちろん見てるだけでも楽しいし元気をもらえるから、むやみに他人には勧めないけど、私自身ではやっぱり参加型。
汗でベタベタどろどろになるし、髪はぐちゃぐちゃ、全身筋肉痛だし、肩はアザになるし、声の出しすぎで喉ガラガラだけど、この疲労感と達成感がミックスした感じは快感。

今年もその楽しさを味わえてよかったぁ。
また来年も楽しみだな♪



ところで、このお祭の神社、ウチの親戚らしいですよ。
3年目にしてはじめて知った!
いやあ 世間てホントせまいね☆
この記事へのコメント (0件)