2005年07月31日
8時30分に集合でした。
前回と同じように、BBで1ラウンド入ってから合流しようかと思っていたのですが、起きられなかったの。
なんつーか中途半端な時間に駐車場についてしまって、あーこの時間から入ってもなー・・・な時間。
と言うことでヤメ。眠いしね、軽く寝とこーっと。

で、集合時間。
まだ9時前だっつーのに、暑いなー。
ウェットスーツ着てるとそれだけでダラダラと汗が出てくる。
タッパーにすればよかった。
砂浜も熱っちぃよ。
陸でレクチャー受けてる間、あまりの暑さに汗が凄すぎて、インストラクターに『まだ話したいことあるんだけど、とりあえずまず今は一回水浴びて来て。相当暑いみたいだから』と言われる。
ホントにもの凄い滝汗だったのです。
その後 注意点やポイントなどを仰ぎ、入水。

前回折れてしまった板はまだ入院中。
その板と同じようなスペックの板を今日は借りています。
先週海に入ってないせいか、なんだか海に慣れない感じ。
パドルもうまくできない。なんか前回よりヘタになってる?アタシ?
パドルがうまく進まないから当然波にも乗り遅れる。
まだ板が進んでもいないのに無理矢理乗ろうとして失敗。
んん?(−"−)

ムキになればなるほど出来ない。
なんで前回できたことができないんだろー。
パドルが早いって褒められたのに、今日は全然できない。悔しい。
それでもなんとか乗れたけど立つことはやっぱり出来ない。
うう・・・

『浮力の足りない板だから、そんなパワーの無い波を選ばないで、もうちょっとしっかり押し出してくれる波を選んでみて』
とアドバイスを受け、次の波に挑戦。
パドルして、テイクオフ。手をついて体を起こして立つ。
おお、立てた!!立てたけど、なんか変。右足がついてない。
左足一本で立ってるんだけど。ぼちゃーん。
なんだったんだー今の?インストラクター爆笑。
器用だねーっていやいや、わざとじゃないから。

でもなんかちょっとわかったかも。
ちょうどいい波がきたので、再度挑戦。
おお、立てたよ、立ってるよ、進んでるよ!!
うわわ、ぐらぐらするよぅ。
ぐらぐら・・・ぼちゃーん。
いまの、出来てたんだよね?とインストラクターを振り返るが見てない。ちぇっ。

よーし、コレをつかむぞぉ。
波にちゃんと板が乗れるときは立つことも3割くらいの確立で立てるようにもなった。
だけど、やっぱり今日はパドルが遅い。
んー なんでだろう。
しばらく一人で思い悩んでいたのだけど、人のライディングをじーっと見てわかった。
そうだ、パドルの時に今日は胸を反って無かった。
こんな基本的なことだったんだ。
今日はとにかくテイクオフして立つことばかり考えてた。
だから波に乗れてもいないのに焦って無理矢理立とうとしてたんだ。
ああ、バカだなあ。

以前、上達のコツを聞いたことがある。
毎回海に入るときには、ひとつの課題を自分に課す。
その日はそれに集中する。
アレもコレも、といっても、全部出来るわけないし、そんな簡単なものではない。
だから必ずひとつ。
ソレをクリアして次はまた別の課題。
そうしてひとつずつクリアしていくのだけど、そうやっているうちにまた以前クリアしたはずの課題にぶち当たることがある、その繰り返しとその積み重ねが上達につながる。

そうだった、サーフィンは簡単なものじゃないもんね。
むきになっても仕方ない。ボチボチやっていこう。
何度も同じことを繰り返して同じ課題にぶち当たって、そのたびにクリアしていってまた繰り返して、少しずつ上達していこう。
むきにならずに楽しまなくちゃ。遊びなんだもん、休日なんだもん♪
立てなかったこともパーリングしたこともたくさんあったけど、今日も楽しかった。
楽しむことが一番大事だよね☆

それにしてもなんだかあちこちアザが出来てるんですけど。
30代女子の体とは思えないほど傷だらけ。
ていうか、年齢を聞かれて30です、って素直に答えたんだけど、みんな信用してくれなかった。ホントに30?って何度も聞かれた。
ええ、ホントですよ、免許証みせましょうか?
と言うと、口ごもった。
なんだよ、30の割にはアホだっていうのかよー。

アパートに荷物を置きに帰ってもまだ13時過ぎ。
早起きしたおかげで、まだ時間たっぷり。
実家に帰り車を置いて電車でアパートに再び戻る。
それでもまだ15時。
夏は陽が長くていいよね。これから掃除して洗濯してもまだ『昼間』だもん。
今日はサッカーみたら寝るぞ。
超早寝。
この記事へのコメント (0件)