2005年02月02日
香水は好きですよ。
こう、ふわあ〜〜と一瞬だけ香るようなのが。
会社の人とかでいるんですよ、香水の上手なつけ方してる人が。
憧れます。ステキです。うっとりします。
でも自分ではあまり香水はつけません。
酔っちゃうからです。
香水はあくまでも、すれ違ったときとかにふわっとかすかに香るのがいいんです。
向かい合って座って話してるときに絶えずソレとわかるのではなく、立ち上がったその瞬間、握手した瞬間、歩き始める一歩踏み出すその瞬間にふわりと香るのがいいのです。
あくまで個人的見解ですけど。

今日、本屋で立ち読みしてる時に本棚の向こう側に、強い香水をつけている女性がいて(推定20〜23歳いや、もっと若いかも?)そのあまりの強さに、自律神経やられて気絶しそうでした。
つけすぎ。
数分間はガマンしていたのですが、だめだ、このまま彼女の近くで立ち読みを続けていたら倒れる。やられる。はやく外の空気を吸わないと。そう思って本屋を出ました。
ああ まだまだ本を眺めて探して立ち読みしたかったのに・・・

その後、しばらくその香りが鼻についている感じで気持ち悪くなり、実家に帰るまでの電車はほぼ各駅で一度降りて、吐きそうな呼吸を整えて次の電車に乗って・・・を繰り返しました。


香水のつけ方もしらん小娘めぇ・・・
許さん!!!

若い女性向けの雑誌の編集者さん、香水のマナー特集とか取り上げてくれるとウレシイです・・・(切実に)
この記事へのコメント (0件)